top of page
Db アイナラ・アイマット

From Barrels to Biomechanics,
meet Ainara Aymat


ヨーロッパ大陸で最も知的なフリーサーファーとして知られるアイナラは、波を追いかけることと博士号を取得することを両立させているバスク出身のサーファーだ。

アイナラがフリーサーフィンをしながらバイオメカニクスを研究できたという事実は、かなりクレイジーだ。


初対面のアイナラは物静かな少女に見えた。分厚い小説に鼻を突っ込んでいるか、バスク地方で2匹のジャーマン・シェパードを散歩させているか、海に出かけているかのどれかだ。彼女は幼い頃からサーフィンを始め、子供の頃は短期間競技に出場していた。その後、フリーサーフィンに転向し、現在に至る。博士号の勉強をしているときやバスクの家にいるとき以外は、最高の波を求めて世界中を旅し、サーフコミュニティに衝撃を与えている。陸の上では物静かで控えめな彼女だが、水の中では大声を張り上げている。

”リスクとは、簡単にはできない決断をしなければならないということだ。”

アイナラは学校卒業後、大学に進学することを決めた。彼女は、サーフィンを愛する気持ちと、高等教育を受ける必要性との間で選択を迫られているように感じた。大学進学を選んだ場合、サーフィンの時間を大幅に減らさなければならないことは分かっていたが、その一方で、教育よりもサーフィンを選んだ場合、サーフィンのキャリアが失敗したときに頼れるものが限られてしまう。仕事と遊びのバランスがうまくとれないと感じている私たちにとって、彼女がその両方を実現する方法を見つけたことは言うまでもない。アイナラのように、努力と献身、そしてとんでもない自己鍛錬があれば、本当にどちらも手に入れてしまうことができるのだ。

  • YouTube

Featured products

Explore more

Pack Heavy -> Chase Light 過去のエピソードをご覧ください。